健康で長生きするためには、規則正しい生活を心掛けることが大切です。
早寝・早起きはもちろん、食事内容の見直しも大事ですよね。
ファーストフードは便利ですが、脂肪分の取りすぎにもつながります。
また、柔らかいものが多く、顎の発達に悪影響を及ぼすといわれています。
その結果、歯並びの乱れにもつながるだけでなく、歯と歯の隙間に食べ物が入り込むなどして、虫歯ができる原因にもなるのです。
これは、小さいお子さんのいる家庭では、ぜひとも注意したい点です。
また、ふだんの生活習慣と、体に及ぼす影響には密接な関係があります。
いま一度、自分の生活スタイルを見直してみましょう。
虫歯にならないためには、予防歯科の受診をおすすめします。
虫歯の早期発見・治療だけでなく、虫歯予防が大きな鍵を握るからです。
仕事の関係もあり、なかなか歯医者へ行けないかもしれませんが、歯の治療は速やかに行うようにしましょう。
また、定期的に歯医者を受診することがもっと大切。
歯医者に苦手意識を持たないためには、小さい頃から歯医者と親しくなることが大事です。
大人のみなさんも「かかりつけ医」を持つ努力をしましょう。